グリチルレチン酸ステアリル

甘草から抽出したグリチルレチン酸と、ステアリルアルコールをエステル化して得られる成分です。医薬部外品では抗炎症作用・抗アレルギー作用があるため、肌荒れやニキビ予防成分として配合されています。また油分になじむ性質もあります。

閉じる
閉じる